b-click

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディープインパクトは3冠を獲ってしまうのか! 

10月23日、明日は競馬の菊花賞です。
3冠を懸けて、ディープインパクトと言う馬が出走します。

もし勝てば、シンボリルドルフ以来21年ぶりの無敗の3冠馬の誕生です。
3冠馬自体、ナリタブライアン以来ですから、何年経つの?11年かな?
久しぶりに競馬界、盛り上がってます。
yahoo!まで特集ページを組んだりして。。。
http://keiba.yahoo.co.jp/kikkashou/


競馬に詳しくない方のために。。。三冠馬とは
皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞の3つの
3歳クラシックレースを制した馬のことを言います。
過去にセントライト(1941)、シンザン(1964)、ミスターシービー(1983)、
シンボリルドルフ(1984)、ナリタブライアン(1994)の計5頭
が栄冠を手にしてます。で、シンボリルドルフただ1頭が無敗で三冠を
制覇してます。
これは男馬(牡馬)の話で女馬(牝馬)にも三冠があり
桜花賞 優駿牝馬(オークス) 秋華賞  ということになります。
牝馬ではメジロラモーヌ(1986)、スティルインラブ(2003)の2頭が
三冠馬に輝いています。



photo_image0.jpg
 
強い馬って走り方が美しいんだよね。。。
首を下げて、前足がガッて伸びて、



そんなこと書いてるzaraですが、
もう何年も馬券なんて買ってません。最後に買ってのは何時かな?
4年くらい経つかな?

別にギャンブルにのめり込んで、ビンボーになったわけじゃないですよ!
昔、競馬が好きだった頃でも、1回に2千円とか3千円とか、そんなモン。
でもあまりに当らないんで辞めました。

そうだ、zaraが競馬好きなったキッカケを作ってくれた話を。
それはキーストンという1頭の競走馬の話。。。




 昭和42年暮れ、12月17日の阪神大賞典。キーストンはダービー制覇以来の盟友山本正司騎手を背に、気持ち良さそうにターフを疾駆していた。5頭立てということもあって、誰もが快速キーストンの勝利を疑わなかった。それまでの戦績は24戦18勝、2着3回という驚異的なものだったから。
 四コーナーを回った時、突然、キーストンの小柄な馬体がラチ内に沈んだ。山本騎手は宙を飛んでターフに叩き付けられた。キーストンももんどりうって、半転、一転。傍らを後続馬がドドドドと駆け抜けて行く。
 キーストンの左前足は完全脱臼。今や皮一枚で繋がっている状態で、立ち上がろうにも全く用をなさない。彼方では山本騎手が脳震盪をおこして、ピクリとも動かない。騎手の方を向いて首を振りもがいていたキーストンは三本の足でやっと立ち上がると、一歩また一歩と、昏倒した騎手に向かって歩き始めた。激痛もものかは・・・
 馬が三本足で歩くなど想像も出来ない観客は、心のうちに叫んだ。「キーストン、もう歩かなくていいよ!」「それ以上歩いてはダメだ」 どの馬が勝ったかはもうどうでも良いことだった。実況のアナウンサー松本暢章は涙声となってキーストンを追った。パドックやインタヴューのアナウンサーでキーストンの最期を看取ったのが、杉本清。テレビカメラすらキーストンの姿を追いつづけた。歩いてはいけない!最早手の施しようも無い完全脱臼とは人々も気づかない。まさか完全脱臼の馬が歩けるはずが無いのだ!
 キーストンはやっと倒れている山本騎手の所に辿り着くと、心配げに鼻面を摺り寄せ、二度三度起こして立たせようとする。人々の目に、それはまるで、母馬が起き上がれない子馬を励まして、鼻面で優しく立たせようとしている姿に見えた。
 山本騎手はその時見た。彼は気絶していてキーストンの骨折を知らなかったが、ボンヤリした視野の中で大きな悲しそうな目、済まなさそうにしばたたく愛馬の目をみた。山本騎手はキーストンの摺り寄せてくる鼻面を掻き抱いて「いいよ、いいよ」と撫で、駆けつけた厩務員に手綱を渡すと、また意識を失っていった。
 暫くして甦生した山本騎手は、愛馬の骨折と死を聞いて泣いた。激痛と苦しみの中でキーストンは、なぜ自分をあんな優しい目で見詰めたのだろう?別れを告げに来たのだろうか?テレビで、観覧席で、パドックで、皆、涙してキーストンとの別れを惜しんだが、一番精神的ダメージを受けたのは山本騎手であった。彼はキーストンと別れてから、馬に乗れなくなってしまったのだ。「もう騎乗出来ない」。一時は引退まで考えたと言う。現在調教師の山本正司は、キーストンの話が出ると今でも涙が止まらないと。山本の親友杉本清は、だから山本の前でキーストンの話しができない。

 快速馬キーストンは光とともにターフを駆け抜けて、そして、逝った。

 キーストンは父ソロナウェー、母リットルミッジの仔として、昭和37年3月15日北海道浦河で快速馬の血を受けて生まれた。子馬の頃は小柄であまり目立たず、歩様はごつごつとしていて、競馬馬として一回でも出走出来れば上出来、とおもわれた。取り柄は、とにかく真面目に一生懸命に走ることだった。しかし、トロットからキャンターに移ると突然流れるような足色となり、ひょっとして、と思わせるものが出て来たので、デヴュー時にはペンシルヴェニア鉄道の超特急”キーストン号”の名前を与えられた。ターフに登場するやその名に恥じず、3歳時にはブッチギリの5戦全勝。4歳になっても弥生賞圧勝と、デヴュー以来破竹の6連勝を遂げ、皐月賞の前哨戦スプリングSに臨んだ。この時の対抗馬は、これも順調に成長してきたダイコーターであった。結果はダイコーターにゴール前でかわされ、キーストン1馬身半差の完敗。快速逃げ馬の宿命かとも思われた・・・・・
 巻き返しを期して臨んだ皐月賞。一番人気ダイコーター、2番人気キーストンと人気は屈辱の逆転。結果も、勝ったのは伏兵チトセオー、ダイコーターはそれでも2着でキーストンは生涯最悪の14着と敗れ去った。「キーストンはもうダメではないか」、「距離の長いダービーはもっとダメじゃないかな」と囁かれた。しかし、その後、ダイコーターはNHK杯を圧勝、キーストンもオープン戦を制して復活の兆しを見せた。
 昭和40年5月30日。第32回東京優駿(日本ダービー)当日の空は最悪の状態で、馬場はドロドロの不良状態だった。この中で、ダイコーターは1.2倍の段トツ人気。キーストンは遥か離れた2番人気だった。この不良馬場は距離利以上に快速馬には不利であろうと思われたから、2番人気でありながらかなりの高配当であった。
 ゲートが開く。キーストンは果敢に逃げた。逃げた。逃げた。山本騎手の手綱に応えて大逃げを打ったのだ。差はグングン開いていく。「飛ばし過ぎ!」 ゴール前でバテバテとなり、ダイコーターにかわされるスプリングSの再現を想像して、観客はどよめいた。しかしキーストンは泥を跳ね上げて持ちこたえた。そのままドドッとゴールになだれ込んだのである。一馬身3/4。かくして、第32回ダービー馬となって栄光に包まれたキーストンに、後の悲劇を予感させるものは何も無かった。
 しかし、菊花賞をスプリングS同様な負け方をして以来、キーストンの足は快速馬にありがちの脚部不安に悩まされるようになった。暫く休んではレースに復帰し、そして勝った。鞍上には何時もキーストンを気遣う山本騎手の姿があった。勝ちつつもキーストンの脚部不安も増していった。そしてこのレースで引退という運命の阪神競馬場・・・・・
 トキノミノル、テンポイント、シャダイソフィア、マティリアル、ホクトベガ、ライスシャワー、サイレンススズカ。幾多の名馬がターフに散った。中でもキーストンの物語は競馬ファンの感涙を誘い、二度と競馬など見たくないと思わせ、にもかかわらず、競馬から離れられなくしたのである。
 馬の生涯は長くても三~四十歳。それにしても、あまりにも美しくはかない、束の間の輝きであった。


出典 http://www2.ocn.ne.jp/~kthr-wf/keystone.htm キーストン物語





次に競馬の話を書くときには、フジキセキの話を書こう。
zaraが最も愛した馬。フジキセキ。。。





 ランキングに参加しちゃったりして。。。
ポッチとしておくんなまし、右や左の旦那様、(綺麗な)お嬢様 

banner_04.gif
80-15-1.gif


スポンサーサイト

コメントは認証が必要です。お手数掛けてます。

三冠達成しましたね!

競馬中継見ていましたー。
おかんも少しばかり馬券を買っていたときがありましたよん。(独身の時でしたが)

強すぎる馬だからレースもつまらないかと思ったけれど、いやー、3冠達成の時は燃えましたねぇ。

キーストンのお話を見て思いだしたのですが、テンポイントの生産牧場主とおかんの伯父が懇意なのです~。
ちょっぴり自慢でしたー(*^o^*)

おかんさんへ☆

うーん、ディープインパクト、強い v-230
ありゃー強いわ!
前半掛かり気味で行ったんで、コリャダメかな?って
思いましたが、押し切ってしまいました。
最初のコーナーで、ゴールと勘違いしたかって評論家が言ってた、

テンポイントか。。。テンポイントの話も
泣けますよねv-406
テンポイントの故障がキッカケで馬の
看護っていうものが
真剣に考えられるようになったんですって!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zara.blog15.fc2.com/tb.php/115-7098f572

ディープインパクト、ルドルフ以来21年ぶりに無敗で3冠達成!

ディープインパクト、ルドルフ以来21年ぶりに無敗で3冠達成!3冠レースの最後を飾る、競馬の第66回菊花賞(3000メートル、芝、GI)は23日、京都競馬場で16頭が争い、1番人気のディープインパクト(武豊騎乗)が3分4秒6のタイムで優勝、賞金1億1200
  • [2005/10/23 18:34]
  • URL |
  • zaraの当方見聞録 |
  • TOP ▲

無敗の三冠、強すぎ!

いや、もう強すぎ!なんにも言うことありません、ディープインパクト。普段は競馬なんて見ないんだけど、今日のは見ずにいられませんでしたなにしろ7戦7勝。1着にならなくちゃ「勝ち」と言えない戦いをしてる中で、ほんとにすごいことだよね。無敗の三冠馬は、1984年の....
  • [2005/10/23 21:06]
  • URL |
  • …ってことでいいね? |
  • TOP ▲
RSS feed meter for http://zara.blog15.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。